著書

  1. 1987, 1996 Die“I. Präs ensklasse”im Vedischen. Untersuchung der vollstufigen thematischen Wurzelpräsentia (ヴェーダ語における所謂第一類現在動詞). Österreichische Akademie der Wissenschaften, Philosophisch-Historische Klasse, Sitzungsberichte, 489. Band. Veröffentlichungen der Kommission für Linguistik und Kommunikationsforschung, herausgegeben von Manfred Mayrhofer und Wolfgang Dressler, Heft 18. 450pp., Wien (オーストリア学士院紀要).
  2. 2007 Rig-Veda. Das heilige Wissen. Erster und zweiter Liederkreis. Aus den vedischen Sanskrit übersetzt und herausgegeben von Michael Witzel und Toshifumi Gotō unter Mitarbeit von Eijirō Dōyama und Mislav Ježić. Verlag der Weltreligionen, Frakfurt am Main und Leipzig (『リグヴェーダ』第一,第二巻のドイツ語による翻訳と注解).889pp. Gotō担当: I 94-191: p. 167-347, p.636-780, II 35: p.409-412, p.813-816, Glossar: p.825-855, Verzeichnis der wichtigsten grammatischen (und rhetorischen) Begriffe: p.856-860. 参考: <http://www.verlagderweltreligionen.de/>
  3. 2012 GAV ―古インド・アーリヤ語文献における牛― 大島智靖,西村直子,後藤敏文著。総合地球環境学研究所,インダスプロジェクト,中洋・考古・民俗叢書3,167pp.
  4. 2013 Old Indo-Aryan morphology and its Indo-Iranian background (古インド・アーリヤ語形態論とそのインド・イラン共通時代の背景). Österreichische Akademie der Wissenschaften, Philosophisch-Historische Klasse, Sitzungsberichte, Wien (オーストリア学士院紀要).
【書評・訂正表】Old Indo-Aryan morphology and its Indo-Iranian background
堂山英二郎 大阪大学准教授による書評および訂正表
2014 『歴史言語学』 3: 73ー84.
Rz Doyama.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB
【訂正表】Old Indo-Aryan morphology and its Indo-Iranian background
堂山英二郎 大阪大学准教授による訂正表
2014 『歴史言語学』 3: 83ー84.
堂山 訂正.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 915.4 KB
【Corrigenda】Old Indo-Aryan morphology and its Indo-Iranian background
Corrigenda for Toshifumi GOTŌ (in co-operation with Jared S. KLEIN and Velizar SADOVSKI) Old Indo-Aryan Morphology and Its Indo-Iranian Background. prepared by Eijirō DŌYAMA
2014 『歴史言語学』 3: 83ー84.
Doyama Corrig.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 209.3 KB

論文

  1. 1976 “rabh- : labh- + aa in der vedischen Literatur” 『印度学仏教学研究』 24-2: 1015-1007.
  2. 1977    “vi duhanti pra vaaNam (RV IV.24.9)” 『印度学仏教学研究』 25-2: 987-984.
  3. 1980    “Ai. utsanga- und Verwandtes” Muenchener Studien zur Sprachwissenschaft 39: 11-36.
  4. 1985    “Altindisch randhra- und uridg. *lendh” Muenchener Studien zur Sprachwissenschaft 44 = Festgabe fuer Karl Hoffmann  I: 77-91.
  5. 1989    “Rgvedisch vipanyaa-, vipanyu- und vipanyaamahe”  Indo-Iranian Journal. 32: 281-284.
  6. 1989    「vacaarambhaNam vikaro naamadheyam」『インド思想史研究』6 = 服部正明博士退官記念論集: 141-154.
  7. 1991/1992/1993/1997[1998]    “Materialien zu einer Liste altindischer Verbalformen”(古インドアーリヤ語動詞活用形・派生語形一覧)1-3『国立民族学博物館研究報告』15-4: 987-1012; 4-7『同』 16-3: 681-707; 8-15『同』18-1: 119-141; 16-29『同』22-4: 1001-1059.
  8. 1991    「Azvin- と Naasatya-」『印度学仏教学研究』39-2: 982-977.
  9. 1994    「Chandogya-Upanisad IV 1-3『PautratyanaとRaikva』」 『印度学仏教学研究』42-2:1041-1035.
  10. 1994    「Veda 祭式の brahmodya と Samyutta-Nikaaya I 1,2,3」 『印度学仏教学研究』43-1:486-481.
  11. 1996    「ZaaNDilya の教説再考 -BraahmaNa と UpaniSad との間-」『今西順吉教授還暦記念論集「インド思想と仏教文化」』,春秋社: 860-844頁.
  12. 1996    「Yaajnavalkya のアートマンの形容語と Buddha の四苦」『印度学仏教学研究』44-2: 887-879.
  13. 1995[1996]    “Griechisch elephairomai” Analecta Indoeuropea Cracoviensia II: Kurylowicz Memorial Volume. Part One(Cracow): 365-370.
  14. 1996    “Zur Geschichte vom Koenig Jaanazruti PautraayaNa (Chaandogya-UpaniSad IV 1-3)”(ジャーナシュルティ・パウトラーヤナの物語) Studien zur Indologie und Iranistik 20 = Festschrift Paul Thieme zum 90. Geburtstag: 89-115.
  15. 1996[1997]    “Zur Lehre ZaaNDilyas -Zwischen BraahmaNa und UpaniSad-”(シャーンディリャの教説再考: ブラーフマナとウパニシャッドとの間)Langue, style et structure dans le monde indien. Centenaire de Louis Renou. Actes du Colloque international,Paris, 25-27 janvier 1996(Paris, Chanpion): 71-89.
  16. 1997[1998]     “Ueberlegungen zum urindogermanischen “Stativ”” (印欧祖語における所謂Stativ について) Berthold Delbrueck y la sintaxis indoeuropea hoy. Actas del Coloquio de la Indogermanische Gesellschaft,Madrid,21-24 de sepiembre de 1994(印欧語学会「デールブリュックと印欧語比較統語論の現状」論文集;Wiesbaden: Reichert, Madrid: Ediciones de la UAM): 165-192.
  17. 1999    “Notizen zur altindischen und avestischen Syntax”(古インド語,アヴェスタ語統語論覚え書き)Compositiones Indogermanicae: in memoriam Jochem Schindler(Praha: enigma corporation): 127-142.
  18. 1999    “niSTubdha-  in den Zrautasuutras und Verwandtes” (シュラウタスートラに見られるniSTubdha-と関連語)Gering und doch von Herzen. 25 indogermanistische Beitraege, Bernhard      Forssman zum 65. Geburtstag(Wiesbaden: Reichert): 81-88.
  19. 2000    “VasiSTha und VaruNa in RV VII 88 ―Priesteramt des VasiSTha und Suche nach seinem indoiranischen Hintergrund-” (ヴァスィシュタとヴァルゥナ -祭官としての職能とインドイラン共通時代の背景) Indoarisch, Iranisch und die Indogermanistik. Arbeitstagung der Indogermanischen Gesellschaft vom 2. bis 5. Oktober 1977 in Erlangen (印欧語学会「インドアーリヤ語,イラン語とインドヨーロッパ語比較言語学」論文集;Wiesbaden: Reichert): 147-161.
  20. 2000    “Zur Sprache der Zvetaazvatara-UpaniSad” (シュヴェーターシュヴァタラ.・ウパニシャッドの言語について)VividharatnakaraNDaka. Festgabe fuer Adelheid Mette (Indica et Tibetica 37): 259-281.
  21. 2000[2001]    “Puruuravas und Urvazii” aus dem neuentdeckten Vaadhuula-Anvaakhyaana (Ed. Ikari). Anusantatyai(Narten教授記念論集;MSS Beiheft)79-110.
  22. 2002    “Funktionen des Akkusativs und Rektionsarten des Verbums -anhand des Altindoarischen-” (対格の諸機能と動詞の格支配関係―古インドアーリヤ語に基づいて―) Indogermanische Syntax ―Fragen und Perspektiven― (インドヨーロッパ語統語論 ―問題と展望―),Reichert Verlag (Wiesbaden): 21-42.
  23. 2004    「人類と死の起源 -リグヴェーダ創造讃歌 X 72-」仏教文化学会十周年・北条賢三博士古稀記念論集: 415-432.
  24. 2004    “Notizen zu Verben in Yasna 9 (Hom-Yašt)” Orient 39: 122-146.
  25. 2004    「新資料Vaadhuula-Anvaakhyaanaの伝える『PuruuravasとUrvazii』物語」神子上恵生教授頌寿記念論集(永田文昌堂): 845-868.
  26. 2005    “Yaajnavalkya's Characterization of the Aatman and the Four Kinds of Suffering in Early Buddhism” Electronic Journal of Vedic Studies (EJVS)  12-2: 70-84.
  27. 2005    「ai. ádbhuta-, ádabdha-, jav. abda-, dapta-, 及び ai. addhā, aav. ap. azdā」,『印度学仏教学研究』54,2005年12月,325-320.
  28. 2005    「雪が焦がす」, 長崎法潤博士古稀記念論集『仏教とジャイナ教』2005年11月,480-467.
  29. 2006    “Azvin- and Naasatya- in the Rgveda and their prehistoric background” Proceedings of the Pre-symposium of RIHN and 7th ESCA Harvard-Kyoto Roundtable, ed. by T. Osada, Feb. 20, 2006 [6, 2006], 253-283.
  30. 2006    “Ai. ádbhuta-, ádabdha-, jav. abda-, dapta-, und ai. addhā, aav. ap. azdā”. Indogermanica. Festschrift für Gert Klingenschmitt. Herausgegeben von Günter Schweiger,Taimering 2005, p.45-64.
  31. 2007  「śraddhaa-, credōの語義と語形について」 印度学宗教学会 『論集』 34,p.578-561.
  32. 2007  「荷車と小屋住まい: ŚB śālám as」『印度学仏教学研究』55-2: 809-805, Abstract 55-2: 1263-1264.
  33. 2008   “Reisekarren und das Wohnen in der Hütte: śālám as im Śatapatha-Brāhmaṇa”. Indologica. T. Ya. Elizarenkova Memorial Volume, Book 1, Moscow. p.115- 125.
  34. 2009  “Aśvín- and Nāsatya- in the Rigveda and their Prehistoric Background”, Linguistics, Archaeology and Human Past in South Asia, Edited by Toshiki Osada, Manohar, p.199-226.
  35. 2009  「『業』と『輪廻』 -ヴェーダから仏教へ-」 『印度哲学仏教学』 24,p.16 -41.
  36. 2009 “Der Optativ bhRjyéyur in den Yajurveda-Saṁhitās”, Beiträge zur Iranistik, Gegründet von Georges Redard, herausgegeben von Nicholas Sims-Williams, Band 30, Zarathushtra entre l'Inde et l'Iran : études indo-iraniennes et indo-européennes offertes à Jean Kellens à l'occasion de son 65e anniversaire / ed. par Éric Pirart et Xavier Tremblay, Reichert Verlag (Wieabaden) p.107-113.

書評

  1. 1988 Stephanie W. Jamison, Function and Form in the -aya-Formations of the Rig Veda and Atharva Veda,Göettingen 1983, Indo-Iranian Journal 31: 303-321.
  2. 2001 Chlodwig H. Werba, Verba Indoarica, Wien1997., Kratylos 46: 62-73.

講演記録

  1. 2001 サッティヤsatya- (古インドアーリヤ語「実在」) と ウースィア ousia (古ギリシャ語「実体」) -インドの辿った道と辿らなかった道と-, 『古典学の再構築』ニューズレター第9号,2001年7月: 26-40.
  2. 2005 インドヨーロッパ語族 ―概観と人類史理解に向けての課題点検―, 『ミニシンポジウム ユーラシア言語史の現在 2004.7.3-4 報告書 上』総合地球科学研究所(プロジェクトリーダー木下鉄也): 31-74.
  3. 2005 コメント:古インド=イラン語文献学から, 『インド考古研究』26 (2005年6月): 179-191.
  4. 2007 古代インドイランの宗教から見た一神教, 『一神教の学際的研究 研究成果報告書』2006年度,同志社大学一神教学際研究センター: 6-11.
  5. 2008 インドのことばとヨーロッパのことば, 『ことばの世界とその魅力』 阿子島香編,人文社会科学講シリーズ III, 東北大学出版会: 118-163.
  6. 2009 部族の火の東進 - 『ヴェーダ』の神話,儀礼とその歴史的背景, 後藤敏文,山田智輝,永ノ尾信悟「ヴェーダ時代のサラスヴァティー河をめぐって」総合地球環境研究所2007年成果報告書『環境変化とインダス文明』(プロジェクトリーダー長田俊樹): 115-140, 127-140.

報告,解説等

  1. 1990 インド伝統文法学をめぐって, 『特定研究「近代諸科学から見たインド思想の批判的分析」報告書』(岩手大学人文社会科学部,研究代表者 佐藤道郎): 65-85.
  2. 1992 インド・ヨーロッパ祖語における動詞表現の諸カテゴリー─枠組み再建のスケッチ─, 『1991年度教育研究学内特別経費研究報告「文化の基礎理論と諸相の研究」』(岩手大学人文社会科学部総合研究委員会): 99-121.
  3. 2003 古典的インド学, 『論集I 古典学の再構築』,総括班研究報告(中谷英明編,神戸 2003年3月),諸文明の古典学,歴史・現状・展望(インド学・仏教学),1. インド古典学の歴史(古代より中世まで)(I) インド学: 97-103.
  4. 2003 インド学の未来像, 『論集I 古典学の再構築』,総括班研究報告(同上),諸文明の古典学,歴史・現状・展望(インド学・仏教学),4. インド学の将来(未来への展望)(I)インド学: 141-148.
  5. 2003 ヴェーダ文献の原典・伝承と研究・解釈, 『論集III 本文批評と解釈』,A02「本文批評と解釈」班研究報告(関根清三編,神戸2003年3月),「インドにおける本文批評と解釈の特色」(桂紹隆,後藤敏文,吉水清孝): 12-20.
  6. 2003 座談会「聖典の伝承と解釈を巡って」, 『論集III 本文批評と解釈』,A02「本文批評と解釈」班研究報告(同上),丸井浩「各文明における本文批評と解釈の比較と展望 -聖典の伝承と解釈をめぐる座談会報告を中心にして -」(関根清三,守谷彰夫,手島勲矢,大木康,丸井弘,金沢篤,吉水清孝,下田正弘による): 41-65.
  7. 2003 ブラーフマナ研究 ―ヴェーダ散文の翻訳と注解―(平成11-12年度),ヴェーダ散文の翻訳と注解(平成13-14年度), 『論集III 本文批評と解釈』(同上): 164-171.
  8. 2008 古代インドの祭式概観 -形式・構成・原理-, 『総合人間学叢書』第3巻,中谷英明編,東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所: 57-102.
  9. 2009 ヴェーダ時代のサラスヴァティー河をめぐって, 後藤敏文,山田智輝,永ノ尾信悟「ヴェーダ時代のサラスヴァティー河をめぐって」総合地球環境研究所2007年成果報告書『環境変化とインダス文明』(プロジェクトリーダー長田俊樹): 115-118.
  10. 2009 古代インド文献に見る天空地, 『天空の神話- 風と鳥と星』篠田知和基・編(楽瑯書院): 107-125
  11. 2010 資料 『リグヴェーダ』 アパーム・ナパート 「水たちの孫」 讃歌 , 『水と火の神話- 「水中の火」』篠田知和基・編(楽瑯書院): 421-430.
  12. 2010 ぶじ往還の記, 『インダス・プロジェクトニュースレター』第7号,地球環境学研究所『環境変化とインダス文明』,プロジェクトリーダー長田俊樹: 2-8.
  13. 2011 資料 ヴェーダ文献に見られるプルーラヴァス王と天女ウルヴァシーの物語, 『愛の神話学』篠田知和基・編(楽瑯書院): 435-480.
  14. 2014 インド・アーリヤ諸部族のインド進出を基に人類史を考える, 『国際哲学研究』東洋大学国際哲学研究センター編 3: 43-57

14a."Hintergrund der indoarischen Einwanderung in Indien und die Menschengeschichte", Journal of International Philosophy, No.3: 231-248)

一般概説

  1. 1994 「神々の原風景 -ヴェーダ」,「宇宙を操る祭式 -ブラーフマナ」,「隠された原理 -ウパニシャッド」, 『インドの夢・インドの愛 -サンスクリット・アンソロジー』上村勝彦・宮元啓一編,東京(春秋社):3-35,43-57,64-86.
  2. 2003 言語・文献・思想の融合する地平 -インド学へのいざない-, 『人文社会科学の新世紀 ―東北大学文学部から世界へ―』,原研二・鈴木岩弓・金子義明・沼崎一郎編,仙台(東北大学出版会): 29-39.
  3. 2005 「サンスクリット語」,「輪廻と業」, 『人文科学ハンドブック ―スキルと作法―』,中村捷編,東北大学出版会: 43-45, 139-143.
  4. 2008 古インドアーリヤ語, 月刊 『言語』,特集 古典語・古代語の世界,大修館,2008年(Vol.37)12月号: 36-44, 80-83.
  5. 2008 アヴェスタ語, 月刊 『言語』,特集 古典語・古代語の世界,大修館,2008年(Vol.37)12月号: 36-44, 80-83.
  6. 2009 インドの天空,そして大地, 『アジア遊学』121,特集「天空の神話学」東京(勉誠出版): 18-25.
  7. 2009 インド学へのいざない[1] インド学とは, 月刊 『言語』,特集 対話の方言学,大修館,2009年(Vol.38) 4月号: 66-71.
  8. 2009 インド学へのいざない[2] リグヴェーダ, 月刊 『言語』,特集 ことばへのアプローチ143冊,大修館,2009年(Vol.38) 5月号: 80-85.
  9. 2009 インド学へのいざない[3] ブラーフマナからウパニシャッドへ, 月刊 『言語』,特集 リズムを科学する,大修館,2009年(Vol.38) 6月号: 80-85.
  10. 2009 インド学へのいざない[4] 仏教の成立 , 月刊 『言語』,特集 変容する日本のことば,大修館,2009年(Vol.38) 7月号: 80-85.
  11. 2009 インド学へのいざない[5] パーニニのサンスクリット文典と古典期の諸文献, 月刊 『言語』,特集 手話学の現在,大修館,2009年(Vol.38) 8月号: 82-87.
  12. 2009 インド学へのいざない[6] 入門インド学, 月刊 『言語』,特集  裁判ことばの言語学,大修館,2009年(Vol.38) 9月号: 80-85.
  13. 2010 ヴェーダとインド・ヨーロッパ語族の文化, 『新アジア仏教史』1「インドI仏教出現の背景」,奈良康明,下田正弘辺,東京(佼成出版社): 174-177.
  14. 2004 辞典項目:「ヴェーダ」,「カルマ」,「ダルマ」, 『宗教のキーワード集』三木紀人・山形孝夫編,学燈社,別冊国文学No.57,各一頁
  15. 2007 辞典項目:辻直四郎 『インド文明の曙 -ヴェーダとウパニシャッド』 , 『宗教学文献事典』,島薗進他編,東京(弘文堂),p.240.
  16. 2013 『リグヴェーダ』を読む ―ヴァスィシュタとヴァルゥナ―, 京都光華女子大学 『真宗文化』 22(2013) 49-106.

その他

  1. 2008 「古代インドの文献から人類史の解明へ」, 『東北大学アニュアルレビュー2008』 p.7.